Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jrwest681.blog.fc2.com/tb.php/128-230e6602
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2016/12/07 岐阜基地の話題

12月に入ってから突然寒くなりましたね。朝や夕方には指先や足先が冷えることが多くなりました。

太平洋側の冬というのは、航空機撮影には持って来いな季節だと私は思っています。
晴れることが多く、晴れれば雲ひとつない快晴。その上視界がよく遠くまでくっきりと見渡すことが出来ます。
とはいえ、撮影に出るとなれば朝早くから夕方近くまで空港に居ることが多く、特に欧州からやってくる航空機の大半は日本には朝早くに到着します。なるべく暖かくなってから家を出たいという気持ちと、それでは撮りたい飛行機に間に合わないという気持ち。結局はいつも後者が勝ってしまうものです……。そんなことを考えながら、つい数日前も朝早くからカメラを構えていました。



今回ご紹介するのは12月7日の岐阜基地のお話です。旅客機をメインの被写体にしているというのに、最近は岐阜基地などの軍用飛行場に行くことが多くなりました。
というのもこの日は、11月5日の岐阜基地ブルーインパルス展開の日以来、ほぼ1ヶ月ぶりに航空機を撮影に出かけたのです。
1ヶ月も飛行機を撮らず何していたんだとお思いでしょうが、まぁそうですね、年末のイベントに向けていろいろ執筆をですね……

ようやく終わって解放された12月6日、私の元にある情報が届きました。

『岐阜基地にて、X-2がタキシーチェック』

X-2と言えば、今年の4月に国産ステルス機として初飛行をし、多くのメディアによって取り上げられました。
きっと皆さんの記憶にも新しいものだと思います。

X-2というのは防衛装備庁が開発を進めていた「先進技術実証機」のことです。
簡単に言えば、日本の先進的な技術を実証するために開発されたステルス研究機ですね。
この実験結果は近い将来に開発が開始されるであろう国産戦闘機に適用できるものになります。
いろんな方が勘違いされている(というよりメディアによってはそう報道していたものもあるかもしれない)ことなのですが、このX-2は現代使われている各国の戦闘機と比べて機体は14メートルととても小型、エンジンの出力に至っては2基のエンジンでたったの10トンしかありません。これは現在自衛隊に配備されているF-2戦闘機(15.5m・1基13トン)や主力戦闘機F-15(19.5m・2基17トン)に比べると、機体は小さくエンジンの出力も小さいのです。その上、戦闘機としては搭載しなければ話にならない武器の搭載能力も全くないのです。

この実証機は正しく「先進技術を立証するためだけ」の航空機として開発されていて、このX-2自体が次世代戦闘機として採用され量産・武装・実戦配備されることはないのです。


そんなX-2がこの一週間前に、タキシーチェックをした翌日にテストフライトのため飛行していました。
とすると、この翌日の12月7日もしかしたら飛ぶのではないか、と考え岐阜基地へ足を運んだ次第です。



到着すると既に多くの人が臭いをかぎつけやってきていました。
私もその中に混ざって撮影することにします。
ファーストフライトの時間を迎え、F-2やF-4が次々と上がる中X-2の姿は一向に現れません。
もしかしたら上がらないんじゃないか、と思い始めた9時50分。姿を現しました。

s-IMG_0617t.jpg
X-2(51-0001)

テレビや写真で何度も見ていたとはいえ、実物を見るとやはり違いますね。
ステルス機らしい形で実証機と言えど洗礼されたデザインがあります。

離陸を見送った後はいつものランウェイエンドの撮影地へと移動し着陸を待ちます。
この間、すっきりと晴れていた空に雲が立ち込めてきて

s-IMG_0779t.jpg
T-4(56-5741)

s-IMG_0806t.jpg
F-4(87-8409)

ファーストフライトの機体が下りてくる頃にはもうどんより。私の曇り男っぷりはこの時も健在でした。
F-4が着陸した数分後、チェイスのF-2を従えたX-2がアプローチしてきました。

s-IMG_0826t.jpg
X-2(51-0001)

雲で太陽も見えず、少し残念ですが飛んでいる姿を撮れただけマシとしましょう。
この頃にはセカンドフライトとして次々に離陸して行く音が聞こえていたのでしばらく待つことにします。
が、1時間後にはこの天気は一変。お昼の1時すぎにはスカッと雲ひとつない快晴になり……。

s-IMG_0892t.jpg
T-4(66-5602)

うーん、どうしてこの天気がX-2のときに出来なかったのか……、とガックリ。

s-IMG_0955t.jpg
UP-3C(9151)

見慣れない機体もやってきました。これは海上自衛隊に配備されているP-3Cのうち「UP-3C」と呼ばれる装備試験機ですね。
一機しか存在しないもので、厚木基地に配備されています。やってきてすぐ飛んで行ったようですが、なにしにやってきたんでしょうか。

その後も次々と飛行機が下りてきます。

s-IMG_0981t.jpg
F-4(17-8301)

s-IMG_1014t.jpg
C-1(68-1020)

s-IMG_1039t.jpg
T-4(26-5808)

s-IMG_1109t.jpg
F-2(13-8514)


この日最後の締めはセカンドの時に離陸したC-2の4号機です。
タッチアンドゴーで飛来したT-400数機をかわしながら最後の試験を岐阜基地上空で行います。

s-IMG_1223t.jpg
C-2(68-1204)

まず一発目はローパス。それなりの高度で飛行場をパスします。
このまま機体はもう一度ローパスをすると思いきや、進入経路を延長しT-400のタッチアンドゴーを先に行いました。

s-IMG_1245t.jpg

夕暮れの雲の目の前を通り過ぎます。C-2独特のシルエットですね。
そして二度目のローパスへと入ります。

s-IMG_1274t.jpg
s-IMG_1289t.jpg
s-IMG_1301t.jpg

が、これがまた凄いことをやらかしてくれました。
普通ローパスとは万が一に備え安全な高度を保ち飛行するものです。
さらに低空を飛行する場合にはランディングギアを展開するのが普通なのですが、この時のC-2は着陸機とほぼ同じ進入高度をランディングギアなしで通過。ファインダーを覗きながらまっすぐこっちを向いて飛んで来るC-2、少しばかりの恐怖も感じました。
普段はほとんど見られない光景なので驚きを隠せませんでしたが、流石岐阜基地。普段から魅せてくれますね。

s-IMG_1346t.jpg

最後はスマートに着陸しておしまい。

この日はこの後ナイトフライトもあったようですが、早朝からの展開だったので早めに帰ることになりました。

(完)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jrwest681.blog.fc2.com/tb.php/128-230e6602
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

ご案内

-旅路-へようこそ!

ぷろふぃーる

ぽっぷ

Author:ぽっぷ
福井から名古屋へ移住した大学生。カメラを持ち歩いて飛行機を中心に廃道だったり鉄道だったり撮ってます。その他ネトゲなどを主食にしてます。

詳しくはトップページをご覧ください。

応援中!!

最新記事

最新トラックバック

かうんたー

2011-08-17 起動

メールフォーム

あまりメールは確認しませんが、何かご質問・ご要望ありましたらご連絡ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

いつでもお待ちしております。

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。